中国語学校でのマンツーマンレッスン(会話授業)

 個人(プライベート)レッスンは、1対1の個人授業なので、授業内容や受講時間などは個々人に合わせて自由にアレンジできるのが利点です。
たとえば、台湾の中国語は繁体字が使われますが、マンツーマンなら簡体字での講義に変更するといったアレンジもできます。また、ビジネス会話、発音矯正、HSK対策講座など、個々の要望に合わせて重点的に学習したい内容を指定でき、また台湾語の授業なども可能です。
もちろん、そのぶん授業料が高めだったり、クラスメートがいないので講師以外に会話相手ができにくい、と言う面もあります。

 台北では、 TLI 漢網学院 などの語学学校が、MRT駅近くで立地もよく、講師数も多いのでおすすめの学校です。
両校ともそれぞれ独自の教材(教科書)の開発にも力を入れています。マンツーマンの場合は、学校指定以外の教科書を持ち込むこともできます。

パックプランについては、1週間/2週間 個人レッスン をご覧ください。

受講の時間・日程

 個人授業なので学期制のように決まった開講日などはありません。開始日や受講数などもご都合に合わせて選択できます。
1日の時間割はあります(例:第1時限は 8:30 - 9:20)ので、その枠の中から希望の時間を選択します。1コマは50分で、その後10分間の休憩が入ります。

 入学申請時に、受講時間は指定しなければなりません。時間割の中で自由に選択はできますが、留学生が多くなる時期などは、講師のスケジュールも埋まっているため、ご希望の時間で取れないこともあります。
また「簡体字で受講したい」「日本語で指導できる講師」などの指定がある場合、担当できる講師が空いている時間にしか受講できないことがあります。

クラス講義との組み合わせ

 もし1ヶ月以上滞在の計画で、ずっとマンツーマンレッスンを受講すると学費がかなりかさんできます。
他校のクラス講義を取って、その補講として週に2・3回プライベートレッスンを受講すれば、両方の授業の長所を組み合わせることができます。
たとえば、クラス講義で受けた内容のよく分からなかった部分を教えてもらったり、 ひとつひとつの発音を丁寧に矯正してもらうなど、個人授業で補強ができます。

台湾語レッスン

 TLI や漢網学院は語学スクールなので、中国語以外にも、台湾語や英語などのマンツーマンレッスンも受講可能です。
台湾語は、台湾人の話している中国語だとよく間違われますが、福建語系統の言語です。
詳しくは、"台湾語会話「台語」を学んでみませんか" をご参照ください。

^ pagetop