台湾留学 台湾大・師範大などでの3ヶ月〜1年の長期語学留学

台湾大学

 師範大学をはじめ、台湾大学、文化大学、淡江大学など、大学付属の語学センターをはじめとした学校の1学期(12週〜)の留学サポートパックです。
師範大学や台湾大学のように春・夏・秋・冬期(3ヶ月毎)に開講している学校と、淡江大学や文化大学のように毎月開講している学校があります。1学期はいずれの学校も約12週間ですが、淡江大学は最長15週間まで受講できます。

 大学の語学センターの授業はクラス制の講義です。生徒6〜15人程度に対して、講師が教科書を1課ずつ講義していく形式です。
クラスを編成して開校する学期制なので、入学日は決まっています。だいたい週に1課ずつのペースで進行します。第1課から始まり、第2課、第3課... と教科書を読み進めていきます。
教科書には1課ごとにスキット(登場人物たちが会話をしている状況)があり、そのスキットに出てきた単語の解説(発音や用例)、文法の解説をします。
生徒どうしでの会話練習や、作文の課題などもあります。

パックプランについては、3ヶ月 長期留学プラン をご覧ください。

学生ビザについて

 1学期は基本12週ですので、最短で約84日間の滞在となりますが、学校によっては開校の1〜2週間前に登録日があり、その日までには入国しなければなりません。
その場合、連続滞在日数が90日を超えますので、ビザの取得が必要です。いずれの学校も3ヶ月のコースに入学していれば、ビザ申請に必要な書類(入学証明)が発行されます。
学生ビザは、日本国内にある台北駐日経済代表処(領事館)で申請します。学生ビザは現地での延長が可能です。

 ビザを取らずに済ませるには、学期途中で一時帰国して連続滞在にならないようにする(一度出国すると期限はリセットされます)、もしくは事前登録のない学校であれば、12週の授業期間だけで90日以内で収めることも可能です。
ただ上限の90日いっぱいまで滞在して、もし帰国日に台風で帰国便が欠航になるなど、不可抗力で出国できなくなってもオーバーステイ扱いとなります。日程には1、2日余裕を見ておくほうが安全です。

更に詳しくは、学生ビザの期限から手続き手順まで をご参照ください。

半年以上の留学について

 2学期以降も受講を継続して、半年〜1年以上の留学もできます。
あらかじめ2学期分のパックをお申し込みになるか、現地で延長するかの、二通りの方法があります。

 なお、学生ビザは台湾現地で申請できませんので、滞在延長を見込んでいる場合は、ビザを取得して台湾に入国してください。

 大学付属語学センターのパックプランは、基本1学期(3ヶ月)分となります。
はじめから半年(2学期)の計画で留学を予定される場合は、3ヶ月パック2回分でのお申し込みも承ります。

 もし2学期目以降も継続するかどうかが未定でしたら、現地で次の学期を延長する形をおすすめします。
半年〜1年となると、やはり途中でなんらかの事情で予定が変更になることも考えられますし、1年の計画で来ても、1学期を受けてみて、生活になじめず帰国したくなるかもしれません。
パックプランは料金をまとめてお預かりする形式のため、到着後の返金には一切応じかねますもし万が一、最初の1学期だけ受けた段階で、予定変更で帰国することになっても返金ができません。
その点も考慮して、ご不安なようでしたら、1学期終了時に延長をする方式が安全かと思われます。

 上記のような返金規定上の問題がございますので、額面が大きくなってしまう1年分のパックプランは提供しておりませんのでご了解ください。

留学ガイドブック・資料請求はこちらから

長期留学の費用について

 学費のほか、航空券や食費などの生活費まで含めて、台湾留学の総費用がいくらかかるか?
これはもっとも多い問い合わせです。

 ふだんの日常生活であれば、食費および学校までの交通費で、1日 300〜500元(1,000〜1,500日本円)ほど必要になります。

 個々人で使う費用は、その人の生活スタイルによっても大きく違いますし、航空券や住居など、高いクラスのものを取ればそれだけ総額は変わってきますので、当方でお見積もりすることができません。
 下記は、あくまで目安、平均的な例での概算とお考えください。

 滞在1ヶ月につき 13万円 + 準備などの初期費用に10〜20万円 くらいと計算してみてください。
 つまり6ヶ月なら、90〜100万円(6 × 13万円 + 10〜20万円)
 12ヶ月なら、160〜180万円(12 × 13万円 + 10〜20万円)が目安となります。

おおまかな内訳については、「よくある質問」を参照 ください。

^ pagetop

LINE がキーワードに自動応答します! 友人追加なしで質問できます。 LINE で Q & A